コンタクト情報サイト「世界が変わるコンタクトレンズ」

モノを見るための視力

コンタクト人や動物には外界を感知する為の五つの能力である五感があります。それぞれは触覚、視覚、聴覚、味覚、嗅覚と呼ばれており、どの感覚も大切で欠かす事は出来ませんが、中でも視覚とは目でモノを見る為に必要なもので、生きる上で大きな役割を果たすものです。

その視覚の能力にはいくつかありますが、分かりやすいものとしては遠くのものをはっきりと見る能力である視力があります。この近視と呼ばれる視力が低下する状態になれば遠くのものが見えにくかったり、場合によっては近くのものでさえ見にくくなってしまうでしょう。そうなると日常生活や仕事において支障をきたす事も多いです。

視力低下の原因

視力が低下する原因としては様々な要因がありますが、まず眼精疲労が蓄積された結果、近視が起こるとされています。例えば読書やテレビなどの近くのモノを見続けたり、またパソコンやゲームなどを長時間する事は目に負担が掛かります。また最近は携帯電話やスマートフォンも普及した事も眼精疲労に拍車をかける事でしょう。

思えば現代において我々は、非常に目を酷使する環境にいると言えます。こうした場合に適度な休息を入れればまだ良いのですが、忙しかったり熱中したりすると時間を忘れてしまうものです。目が疲れたと思ったら、遠くを見たり目を休ませる様にしましょう。

また他にも加齢による目の筋力の低下であったり、その他の目の病気によって視力低下が引き起こされる場合もあります。

視力低下の矯正手段

視力が低下した場合、それを回復する手段もありますが、すぐに効果の表れるものではありません。また多額のお金が掛かったり、リスクのあるものもあるのです。しかし日常生活を視力が低下した状態のまま過ごすのも危険と言えます。特に運転免許においては視力が基準に満たない場合は眼鏡が条件になる事もあるのです。

さて眼鏡をすれば、その間、視力の一時的な矯正は可能です。しかし仕事によっては眼鏡が出来なかったり邪魔になったりで、何らかの支障をきたす場合もあります。それに最近ではイメージも変わりつつありますが、眼鏡をする事で外見的な魅力を損なってしまうともされていました。その場合において、邪魔にならずに魅力も損なわない画期的なものとしてコンタクトレンズが役に立つでしょう。

効果の大きいコンタクトレンズ

コンタクトレンズは目の中に入れ、直接眼球に付ける事で使用している間、視力を高めるものです。前述の様な眼鏡のデメリットが無いことから近視の人にとっての救世主と言えるものでしょう。ただし眼鏡が本人に合せたものでないとならないのは、コンタクトレンズも同様であり、また直接眼球に付ける事からも眼科医からの検査を受けなければなりません。

コンタクトまたコンタクトレンズは高額であり手間も掛かる事から維持も難しいでしょう。それでもコンタクトレンズによってもたらされるメリットは大きく、世界が変わったという人もいるのです。

Copyright(C) 世界が変わるコンタクトレンズ All Rights Reserved.